出張先で・・・風俗

繁華街 出張先で・・・風俗

出張

2016/08/26
*

出張先のホテルに到着しチェックアウトを済ませ、時間も早く飯には早かったので繁華街に繰り出すことに。
鼻がきく私はリサーチなしで目的地の中通りに到着。
案の定、黒服のポン引きが腕を引っ張るのを振り切り怪しげなスナック街に到着。
明らかにヘルス店に入ることにしました。
ドアの立て付けが悪くギーという音の奥に『おばあちゃんの家の匂い』が鼻につく。
ピンクの壁随所に案内文章がタバコの匂いで枯れかけ「本番禁止・罰金100万円」の表示が風俗店に来たことを証明します。

受付はやはりばーさん。
『ご指名は・・・』『時間は』という当たり前のやりとりではなくいきなり「今日はハタチのもえちゃんいるよ」と意外な答え。
ストライクゾーンが広い私はある程度免疫があり逆に若い人が姫だと困惑する。
早速答えは『いくら!』1万円を支払い待合室へ。
不気味なぐらい静かで逆に緊張してきました。

5分程でよばれお相手と対面。
・・・絶句しました。かわいい・長身・若い。
40分であったため早速シャワーへ。
服を脱ぐと脚の長さと綺麗な胸に驚き『今日は休みですか」と言われ10歳以上も離れた姫に『はい』と敬語で答えてしまう。

早速プレイに。
相手が若いだけに肌も艶めき、首もとの産毛が愛らしい。
69で自分のモノを口にしたもえの花びらは私の舌で左右上下、全身をガクガクさせ私にしがみ付きました。
甘酸っぱいもえの愛液は射精を促進させます。
だんだんもえの声が大きくなり絶頂を迎えてしまいました。